Vistaサポート終了

長期間にわたって親しんだVistaも、いよいよ使い納めです。

 

Windows Vistaは2017年4月11日が期限。

つまり・・・セキュリティー上の問題に対処する更新プログラムの提供が、2017年4月11日をもって打ち切られます。
サポート期間が過ぎると、セキュリティー用の更新プログラムが配布されなくなります。

すなわち・・・・新しい問題が見つかっても、何ら対策は講じられません。

これは、このままマイクロソフトのサポートなしに使い続けるのは、大変危険ということを意味します。

サポート期限が来るまでに・・・・

新しいOSにアップグレードするか、パソコンを乗り換えるようにしましょう

サポート期間の終了とともに、パソコンが突然動かなくなる……というわけではありませんが、事実上、Vistaは使えなくなると考えた方が無難です。あと1年を切ったVistaのサポート期間。Vistaを安全に利用できなくなるまでに、利用者は何をすればよいのか。
Windows Vistaをご利用中のお客様が、Windows 7やWindows 8やWindows 10などの新しいOS環境へのスムーズな移行のお手伝いをいたします

PCセッティング ¥ 3,000/台 〜
データ移行 ¥ 5000/台 〜
データ消去 ¥ 1,800/台 〜

 *各内容によって変わりますので一度ご相談下さい。

 

Vista以外のWindowsのサポート期限は?
Vistaをはじめ、マイクロソフトが販売するWindowsやOfficeの各ソフトウエアには、サポート期間を意味する「製品サポートライフサイクル」が定められています。
マイクロソフトが掲げる製品サポートライフサイクルの基本ポリシーには、
「製品発売後、最低5年間のメインストリームサポートと、最低5年間の延長サポート (合計最低 10 年間) を提供します」と明記しています。